外出前にフルーツはNG!日焼けしやすい食べ物日焼けしにくい食べ物

日焼けしやすい食べ物と日焼けしにくい食べ物 体に優しいもの

紫外線対策シリーズパート2!

前回の記事は
紫外線対策アイテムの選び方でした。

日焼けしたくない人のための必須アイテム3選はこれ!
紫外線が気になる季節。紫外線は、太陽から直接浴びるものだけではなく、地面やアスファルトに反射して浴びているものもあります。強い紫外線を浴びてしまうと、お肌にとっては、軽い「やけど」状態。美白を保つ必須アイテムを3つご紹介します。

今回は、食べ物について。
紫外線を浴びてしまうお出かけ前、
朝に食べるのは
控えたほうがいい食べ物を紹介します。

日焼けしやすい食べ物と日焼けしにくい食べ物

「ソラレン」を多く含む食べ物は日焼けしやすい

食べ物に含まれている
紫外線の吸収率を高めてしまう
ソラレン」と呼ばれる物質があります。

特に次のような
柑橘系のフルーツに多く含まれています。

  • レモン
  • ライム
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • いちじく

野菜でいうと、
こんな野菜たち。

  • きゅうり
  • パセリ
  • セロリ
  • みつば
  • パセリ
  • しそ
  • クロレラ
  • 野沢菜
  • からし

これらの食べ物は
食べてはいけない、
ということではなく、
お出かけする日の朝には、
少し控えめにしておく程度にしましょう。

ちなみに、レモンパック
きゅうりパックなど、
顔にのせてパックをするのは
とても危険!

光吸収しやすいソラレンを
直接肌にのせているわけですから。

そのまま、紫外線を浴びると
『日焼けしたいです!』と
言っているようなもの。

他にも、柑橘系の化粧品や香水、
アロマなどにも注意が必要です。

化粧品を手作りされる方は、
気をつけてくださいね。

日焼けを防ぐ食べ物もある!

できてしまったシミやそばかす、
日焼けしちゃったときの
お助け食材を紹介します。

それは、「カロチノイド」という
栄養素です。

カロチノイドは、光から
肌を守る働きをしてくれます。

カロチノイドを多く含む
食べ物はこちら。

  • トマト
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • ケール
  • ブロッコリー
  • スイカ 等

これに加えて、血行を良くする
ビタミンEを多く含む食材も
一緒に摂ると
効果はぐんとアップしますよ。

ビタミンEを多く含む食べ物はこちら。

  • アーモンド
  • アボカド
  • モロヘイヤ
  • ひまわりの種 等

これらの食べ物を
バランスよく摂って目指せ美白ですね!

皮膚は28日で生まれ変わるので、
そのターンオーバーが正常であれば、
日焼けでできてしまったシミなどは
どんどん表面に上がってきます。

一瞬は濃くなりますが
その後はだんだん薄くなってきます。

だだし、新陳代謝が活発で正常であれば、
なので、日頃から代謝をUPする
生活を心がけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました