夏でも冷えちゃう人のための最強食材

生姜ニンニク唐辛子 体に優しいもの

梅雨も終わって、
真夏日が続きそうな日々・・・

暑い夏でも「冷え性」の人
毎日の食事にちょっとしたコツを
取り入れて、体の中から冷え改善を。

生姜ニンニク唐辛子

夏でも冷えている人はこんな人

  • あまり汗をかかない生活をしている、または暑いところにいるとたくさん汗をかく
  • 手足がむくみやすい
  • 便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることが多い
  • 目の下にクマができる
  • 頭痛が取れない
  • PMSや生理痛が重い  など。

冷えがひどくなると、
冬が終わっても、
お腹の調子が悪く
カイロが手放せなかったり

少しでもエアコンの効いた部屋だと
長袖にカーディガンのような
冬と変わらない服装じゃないと
寒かったりしてきます。

冷える一番の原因の食べ物はこれ

冷え性は砂糖、チョコレート、
はちみつなどの糖類の摂り過ぎ
ジュース、清涼飲料水など飲み過ぎ
低血糖症になった結果です。

甘いものは一時的に体温を上げ、
血圧も上げます。

エネルギーは急速に消費されるかわりに、
今度は急速に体温を下げてしまいます。

特に清涼飲料水は血液を薄くし、
その結果、ミネラル、たんぱく質、
ビタミンなどが不足、
末しょう神経まで届きにくくなります。

余分な体内の水分が十分に排泄されず、
多く溜まっていると冷えてしまいます。

冷えで起きる症状

冷たいものを食べる、飲むと
お腹壊すよ、と
よく言いますが、

それは、体に冷えた水分が溜まったため、
余分な水分を捨てて
体を温めようとする反応として
下痢が起こされます。

また、冷えすぎてしまうと
逆に便秘になります。

冷えて血流が悪くなってくると、
内臓の働きが低下し、
下腹がぽっこりしてきたり、
むくみやすくなります。

そうした下半身が冷えてしまうことで、
今度は熱が上半身に。

息切れや動悸、
肩こり、吐き気、
イライラが起きやすくなったり、
不眠症なども。

身体を温める食べ物は?

季節のものを食べることで
体もその季節に合うよう
リズムが整います。

しかし、夏でも寒い冬のように
冷えている身体では、

夏の食べ物は身体を冷やしてしまうもの
ばかりです。

だからといって、
旬の食べ物ではないものを食べても
身体のリズムが整いません。

いつも食事にプラスするだけの最強食材

身体を温める食べ物として、
食事にプラスするだけの食材を
紹介します。

生姜

  • 発汗、利尿、体温上昇作用。脂肪の燃焼を促す。
  • 鎮痛作用・かゆみ止め
  • 消化促進・消化不良、ガスの改善
  • 血圧安定作用・うつ状態の改善・めまいの予防改善・殺菌作用 等。

すりおろした生姜
味噌汁や、付け合わせに。

生姜を薄く切って天日干しして
スープに。

千切りにしてサラダに添える。

など、工夫していろいろ活用してみてください。

ニンニク

ニンニクはデザイナーズフーズ
(アメリカの国立がん研究所が発表した
がん予防に効果的な食材)で
トップに位置する食材です。

ネギ・玉ねぎ・ニラ・ラッキョウなど
アリウム属の野菜は、
血液サラサラ成分がたっぷりで、
デトックス効果もあります。

  • 体温上昇・発汗・利尿作用
  • 血液サラサラ作用・滋養強壮作用・糖や脂肪を燃焼する作用
  • 殺菌作用

ニンニク料理で代表的なものは、
餃子」ですね。

餃子は、疲れに効く
ビタミンBが豊富な
豚肉も入っているので

夏バテしやすい季節に
最適な料理ですよ。

唐辛子

  • 食欲増進
  • 血液サラサラ作用
  • 殺菌作用

七味唐辛子
(唐辛子・陳皮・ごま・芥子の実・
麻の実・山椒・菜種)は、万能!
辛いものが好きなら、

七味唐辛子を料理に
ふりかけてみてください。

汗をあまりかかない人は、
唐辛子効果で
汗をかいてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました