1年のうちで日焼けする時期は真夏じゃない!お手軽美白食材はコレ

スイカ 体に優しいもの

紫外線日焼け対策に関して、
シリーズ4回目!

今までの日焼け対策はこちら▼

日焼けしたくない人のための必須アイテム3選はこれ!
紫外線が気になる季節。紫外線は、太陽から直接浴びるものだけではなく、地面やアスファルトに反射して浴びているものもあります。強い紫外線を浴びてしまうと、お肌にとっては、軽い「やけど」状態。美白を保つ必須アイテムを3つご紹介します。
外出前にフルーツはNG!日焼けしやすい食べ物日焼けしにくい食べ物
日焼けシリーズパート2!お出かけ前、朝に食べるのは控えたほうがいい食べ物を紹介します。
紫外線対策のしすぎは不幸を招く!?積極的な日光浴がカギ
紫外線対策シリーズ第3回目です。紫外線対策のやりすぎは不健康の元。適度に「日光浴」をすることで自然の栄養を取り込めます。日光浴の方法をご紹介します。

紫外線が1番強く
日焼けに注意する時期は、
真夏ではありません。

しかも、お肌に影響を与えてしまう
紫外線に関しては、
1年の中で梅雨の時期と
真冬で2回あります。

スイカ

シミ・しわ・たるみになる紫外線の種類

紫外線の種類は、
UV-AUV-Bの2種類。

老化を促進させてしまうのは、
UV-Aの種類。

UV-Aは、肌の奥深くの真皮にまで
到達してしまいます。

そして、肌の弾力や潤いのもとである
コラーゲンやエラスチンを攻撃し、
しわ・たるみなどを作りだします。

しかも、曇もガラスも通り抜けるため、
晴れた日以外でも
車の中でも常に肌に
影響を与えています。

一方、UV-Bは
赤くなってひりひりする
日焼け」の症状を引き起こします。

皮膚の炎症や
やけどなどのトラブルで、
しみなどになってしまいます。

UV-Bは目に見える症状として現れますが、
実はじわじわと気づかずに
老化を引き起こしている
UV-Aこそ、注意ですね!

一年で一番紫外線の多い季節は?

6月が一番強いです!
意外かもしれませんが、
夏前の油断している梅雨の季節から、
紫外線対策は必要なんです。

紫外線の総量が多い季節としては、
5月から8月まで多くなっています。

時間帯としては、
朝10時から午後2時まで
一番紫外線量が多いので、

散歩に出かける場合は、
この時間帯を避けて外に出ましょう。

また、空から浴びる紫外線も
もちろんですが、

地面に反射した紫外線量も
気をつけなければいけません。

地面やアスファルト、砂、水面など
さまざまですが、
1番日焼けを起こすのは、
雪の反射です!

スキーやスノーボードに行くと、
ちょうど露出している
顔だけ赤く焼けてしまいます。

ほとんど反射しないのは
芝生ですが、山など
標高が高いところは
太陽に近くなるため、
紫外線量がぐんと増すので
注意しましょう。

日焼け肌を防ぐ食べ物

これから暑い夏がやってくる!

夏はその日焼け防止になる
食べ物が豊富なんです。

手軽に食べられるのは、
トマトやスイカ!

これらの食材に含まれる栄養素
リコピン」がカギを握っています。

紫外線を浴びると、
肌ではメラノサイトという
色素細胞でメラニンを生成し、

それがシミの原因になっています。

リコピンは強力な抗酸化作用で、
そのメラノサイトを作るのを
抑える働きがあります。

スイカはなんと
トマトの1.4倍のリコピン含有量が
あります。

ただ、GI値が高めの食材なので、
食べ過ぎないようにしてくださいね。

GI値が高いと、
太る要因になります。

他に、毎日欠かせないのが
ビタミンCですね。

ビタミンCは
コラーゲンを生成するときに
必要な栄養素で、

不足すると老化が促進されます。

また、多くとりいれても尿で
排出されてしまうので、
こまめに補給することもポイントです。

リコピンで美白美人になりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました