フードアレルギーはなぜ起こるのか?アレルギーと腸内環境の関係

フードアレルギー 体に優しいもの

アレルギーのある子供たちが食べられるロースイーツ作り

イチゴのスイーツを作った時、

岐阜長良産のイチゴでロースイーツ!酵素で美活の会@岐阜市
今、旬のイチゴをたっぷり使ったイチゴだらけのロースイーツ講座でした。イチゴは、毎年使ってる長良川沿いの朝どれイチゴ。アレルギーの子どもさんたちが参加してくれて、普段はアレルギーだからお菓子が食べられないから、とっても喜んでいました!

食物アレルギーがある
子どもたちと話してて、

なぜアレルギーが起こるのか?
という疑問。

簡単にまとめてみました。

フードアレルギー

食物アレルギーの原因は?

アレルギーには、
すぐに発症する「即時型アレルギー」と、

すぐには発症しないけれど、
数時間から数週間経ってから発症する
遅延型アレルギー」の2種類があります。

即時型は、食べたらすぐに
苦しくなったり、
喘息のようになったりする
誰が見ても
すぐにアレルギーだとわかるものです。

一方、遅延型は、
時間が経ってから出てくるので、
気がつかずに食べていると、

体の調子が悪い」状態がずっと続きます。
その「体の調子が悪い」というのは、

  • 疲れやすい
  • 肌荒れ
  • イライラ
  • 不妊症
  • 肩こり
  • 冷え性
  • 頭痛・・・

など、様々です。

では、なぜアレルギーになってしまうのか。

腸内環境のバランスが崩れ、
腸の粘膜に穴が開き、

本来ならちゃんと分解されるものが
分解されずにそのまま
血液中に漏れ出してしまう

リーキーガット
(腸管漏出症候群)
が原因だと言われています。

そう、これ、
昔に遅延型アレルギー検査をした時に、
勉強しました。

遅延型アレルギーって、
自分では気がつかないので、
気になっちゃって検査したんです。

そこで、ちょっとショックだったのが、
大好きな食べ物がアレルギーに
なってることがあるとのこと。

遅延型アレルギーで危険な
食べ物は特になかったのですが、

5段階のレベルがあって、
そのレベルがまあまあ高かったものが、

大好きでよく食べてるものでした。

リーキーガットを治すとアレルギーが治る

「リーキーガットの
腸の穴が閉じる施術をしたら
アレルギー治って、
食べれるようになった」
という話を聞きました。

腸脳整体や、
キネシオロギーの施術で
治ってる人がいるんですよね。

リーキーガットなので、
要するに、腸内環境を整えること
腸管の修復を行うこと

そうすれば、
アレルギーの食物を食べても
アレルギー症状は出ません。

普段から、
食事に気をつけるように
心がけることはもちろんですが、

たまに「断食」をして、
腸を休ませてあげるのも
有効的ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました