スムージーで歯を失う!?虫歯・歯周病にならないため守ってほしいこと

グリーンスムージー 体に優しいもの

健康・美容にいい!と、
大好きで飲んでたスムージー。

実は、これ、
歯を失う原因になります。

グリーンスムージー

スムージーは虫歯と歯周病の原因になる

スムージーの原料って、
野菜とフルーツです。

この原料が歯に影響を与えるのですが、
野菜とフルーツの
ph(ペーハー)値が問題なんです。

ph(ペーハー)とは、
中学生の頃、リトマス紙で
実験したあれです。

酸性アルカリ性のこと。

ph7が中性で、
それより高い数値になると
アルカリ性になります。

その反対に、
数値が低いと酸性になります。

私たちの歯、口の中、唾液は、
このph値が弱アルカリ性に傾いています。

そのため、酸性の強いものを食べた時、
口の中が酸性のままだと、
歯がだんだんと
その酸で溶けてしまうことがあります。

歯が溶け始めると
虫歯ができ始めます。

スムージーの原料である
野菜とフルーツ、
特にフルーツは酸性が強いものが多いのです。

ただ歯はそうそう簡単に
虫歯にはなりません。

なぜかというと、
唾液で食べ物を分解し、
弱アルカリ性にしてくれるからです。

唾液をちゃんと出すようにして
食べれば、てことですが…

スムージーの守ってほしい取り入れ方

グリーンスムージーの講座では、
いつもよく言っていることですが、

守ってほしいルールがあります。

ゆっくりと噛んでいただく

ごくごく飲む

のはやめてほしくて、

スプーンですくって食べる

ということをやっています。

なぜかというと、
噛むことで唾液が分泌されるからです。

唾液がしっかりと出せれば、
酸性の食べ物を食べても
ちゃんと口の中を
正常な弱アルカリ性に
してくれるので、

虫歯になる心配も無くなります。

スムージーを飲んだ後、必ずしてほしいこと

食事をした後、
歯磨きをされる方も多いと思いますが、

食後の歯磨きは時間を置いてから
磨かないと意味がありません。

それは、唾液が分泌されて
ちゃんと口の中が正常なph値に
戻ってからじゃないと、

そのままゴシゴシ磨いたら
余計に歯がどんどん削れてしまいます。

食後、30分〜1時間ほど
時間を置いてください。

「仕事の日とか、
そんな余裕がない!」

という方は歯磨きより、

口をゆすぐこと!

これをやってください。

特にスムージーだけ飲んだ後は、
歯磨きよりうがいで十分です。

スムージーの取り入れ方まとめ

  • スプーンですくってゆっくり噛みながらいただく
  • 美味しくいただいた後は、うがい

これに気が付いたのは、
スムージーが大好きで毎日飲んでた女性が
歯がどんどん溶けてる
ということを聞き、
歯医者さんに
フルーツ禁止!」と言われたのが
きっかけでした。

スムージーが美味しすぎて、
ごくごく飲んでしまってた私は、
ある日突然、歯が折れてしまいました。

スムージーが原因なのか、
それはさておき、
(顎関節症でもあったので)

スムージーを取り入れる際には、
気をつけてくださいね。

【追記】

この記事を書いた後、
教えていただいたことがあるので
追記します。
弱アルカリ性の定義。
アルカリ性と言っても範囲がとても広いです。

酸性アルカリ性
参考:http://cela-water.com/pg374.html

口内は、ph5.6〜5.7の酸性よりに保てることが
理想です。
アルカリ性に傾くと、
ph9以上になってしまうと
口内炎になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました