日焼けしたくない人のための必須アイテム3選はこれ!

体に優しいもの

そろそろゴールデンウィークで、
外に出かける予定をしている人も
多いと思います。

そして、そろそろ
紫外線が気になる季節ですよね。

紫外線は、太陽から
直接浴びるものだけではなく、
地面やアスファルトに反射して
浴びているものもあります。

強い紫外線を浴びてしまうと、
お肌にとっては、軽い「やけど」状態。

かなりの負担がかかり、
シミはもちろん、肌荒れや老化の
原因になってしまいます。

そこで、美白を保つ
必須アイテムを3つご紹介します。

10㎝のつば広帽子 カラーブラック

一番気になる顔は、
やっぱり紫外線から守りたい!

定番ですが、帽子をかぶるのがベストです。

つばの長さは長いほど紫外線カット率が上がる

帽子のつばが全体にあり、
つばの長さは約10センチ以上が理想的です。

つばがあるおかげで紫外線の
90%以上カットできると
言われています。

目の細かい生地の帽子

生地目ができるだけ細かく厚手のもの
選んでください。

薄く粗い生地のものだと、
それだけ紫外線も通してしまうので、
隙間のないようなものに。

紫外線カットカラーの基本はブラック

色はブラックが基本
紫外線を一番通さないカラーです。

ただ、熱もこもってしまいますので
夏は熱中症などに気をつけてください。

そのため、つばの内側が
ブラックのものでもOKです。

また、UVカット加工された帽子もあります。
黒以外の帽子をかぶりたい人は、
UVカット加工のものを選んでくださいね。

完全防備したい方は、
ブラック×UVカット加工×つば広帽子
オススメです。

帽子の次は、日傘

帽子をかぶると
どうしても髪型が崩れる・・・

そんな時は、日傘ですね。

日傘ももちろん、カラーは
ブラックが基本です。

帽子ほど紫外線カット効果はありませんが、
照りつける太陽から体全体を
保護したいときにはぜひ。

一つ注意したいのは、
日傘の内側が白や淡い色のもの。

紫外線は、地面からの反射が
約40%と言われています。

その反射での日焼けを防ぐためにも、
内側もブラックにしましょう。

また、帽子と同様、
厚手の生地を選んでください。

目からの紫外線を防ぐサングラス

紫外線は反射するということも考えると、
サングラスでカバーするのも
とても有効です。

目から入ってくる紫外線は
肌にも影響が出るという
実験結果もあります。

サングラスの選び方

サングラスの選び方で
注意したいのは、色です。

紫外線カットカラーは
ブラックが基本でしたが、
サングラスはその反対

目は明るいところでは
まぶしいと感じるため
光が入らないように、
自然と瞳孔が小さくなります。

逆に暗いところや夜など、
瞳孔が開く、
という性質があります。

それと同様に、
濃い色のレンズをかけると
瞳孔が開いてしまい、
逆に紫外線を多く受け取りやすく
なってしまいます。

選ぶときは、
色の濃すぎないもの、
なおかつ、
UVカットレンズであればOK。

コンタクトレンズでも
UVカットのものがあるので、
選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました