緑茶をおいしく飲んでウイルス対策!

緑茶 体に優しいもの

久しぶりにのどの調子が悪かったのと、
新型コロナウイルスがかなりのいきおいで
広まってきているため、情報をシェアします。
緑茶
今まで、人前で話したり、
ステージパフォーマンスなどをしたり、ということもあり、

体調、とくに声のケアなど
調べたり試したりしているので
その一部を紹介していきます。

今回は、緑茶についてです。

緑茶の効果

わたしたち日本人にはとっても馴染みの深い、緑茶ですが
様々な殺菌効果があると言われています。

インフルエンザウイルスにも効果があるとのこと。

わたし自身、昔から、
風邪の時にうがいするにときは「緑茶」としています。

緑茶に含まれるカテキンがその効果を発揮しています。

カテキンが多く含まれていて
手軽にどこでも手に入るのは、
コンビニでも売っている「ヘルシア緑茶」ですね。

ヘルシア緑茶は、内臓脂肪を減らせ!とうたっていて
カテキンにはダイエット効果ももちろんあります。

効果をいったんまとめると、こんなかんじです。

  • 抗酸化作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗ガン作用
  • コレステロールを下げる作用
  • 血糖の上昇を抑える作用
  • 殺菌作用・抗菌作用
  • 虫歯・口臭予防
  • 肥満予防

参考:カテキンの種類と効果と摂取量
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shokuhin-seibun/catechin.html

ウイルス対策に緑茶はどのようにはたらくか

カテキンが効果的!ということですが、
実際にどのような働きをしてくれるのでしょうか?

手洗いうがいが大事!と良く言われるおうに
口からウイルスは侵入してきます。

そして、マスクをして喉を潤わして、乾燥させないように、なども言われますが、
これまた、ウイルスは喉の粘膜に付着するためです。

ウイルスは目に見えないため、侵入を防ごうといくら努力しても
日常生活をしているうえで不可能ですよね。

そのため、喉についてしまったウイルスを
殺菌効果のある緑茶でこまめに流してあげるとウイルスとはおさらばできます。

ウイルスは体内に流れ込み、胃で死滅します。

死なない菌は、ピロリ菌くらいでしょうか。

緑茶の取り入れ方

普段、飲んでいるお茶を緑茶に変えるだけ。

コンビニでお茶買うときは、ヘルシア緑茶で。

自宅でお茶を作るときは、なるべく濃く!!!

便利なのは、粉末緑茶です。

緑茶の濃さを加減でき、溶かすだけですぐにできます。

一点、注意したいこととしては、緑茶には
カフェインが含まれています。
そのため、カフェインが強くて眠れない、というかたは、
寝る前は控え目にしましょう。

緑茶をおいしく飲むには

濃い緑茶にしよう!として
おいしくなくなってしまうのはもったいないですよね。

緑茶って、沸騰するくらいの熱いお湯でいれたり、
長い時間煮出してしまうと
緑茶なのに、茶色くなったりしてしまいます。

こうなると、緑茶の旨味が半減してしまうので、
お湯は少し冷ましてから、抽出時間は数分で。

また、濃いお茶をつくる場合に、
茶葉から粉末緑茶をつくるミルサー(お茶ミル)もありますね。

いつでも新鮮な引き立てのお茶を味わうことができます。

こだわりたい人は、検討してみてもいいかもしれません。

緑茶がおいしいと、日本人でよかったな、て思える瞬間です笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました