次亜塩素酸水生成器で簡単に除菌スプレーの完成!

あると便利な道具

コロナウイルス対策として
次亜塩素酸水で除菌がおすすめ、と
紹介しましたが、

新型コロナウイルス対策として持っておきたいもの、すでに在庫なしだった

今、アルコールはもちろん
次亜塩素酸水も品切れであったり
前より値上げをされていて

これ、簡単に作れないかな?

と調べてみました。

いろいろな作り方があるんですが
比較的安全で手軽にできる方法をみてみました。

わたしが選んだ方法は
電気分解すること。

次亜塩素酸水というのは、
食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や
塩酸(いわゆる酸)を電気分解することで
作ることができます。

懐かしい中学の理科の実験をすればいいわけです。

炭素棒を使って電気分解をし、
時間はかかりますが
濃度もphを測って調整したり…と
手間はかかるみたいですが、

そこまでやらなくても便利なものがありました!

次亜塩素酸水生成器買っちゃいました!

次亜塩素酸ナトリウム生成器 電解次亜水メーカー 水と塩 家庭で簡単に生成 3つの濃度 8分生成 50mlスプレーボトルプレゼント スプレーヘッド付属 ホワイト 300ml 日本語説明書付き

新品価格
¥3,889から
(2020/4/26 13:40時点)

食塩と水をいれるだけで
電気分解してくれます。

製品は日本製ではないので
ちゃんとやってくれるのか心配です。
壊れる、とのレビューもたくさんです。。。

さっそく電気分解!!!

電源をいれると、青色に光り、
8分後、終了。

8分でできるって早い!

そもそも、作ってから気づいたんですが
ph試験紙を持っていない笑

300〜500ppmの濃度で作ったので、
匂いで判断することにしました。

バッチリ!塩素の匂い!

今度ちゃんとph試験紙で測ってみたいと思います。

スプレー式になっているので
そのままスプレー可能ですが、
次亜塩素酸水は、保存に気を付けないと
すぐに効果が薄れてしまいます。

紫外線を極力さけ、使う分だけ都度作り、
早めに使い切ること。

こういった透明のスプレーボトルは
アルミニウムで覆うといいです。

この透明のスプレーボトルは
300mlを作ることができ、
すぐに使うことができないので
少量だけ残して
いつも使っているボトルに入れ替えることにしました。

こまめに除菌をして
免疫力アップして

この期間を乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました