免疫力を高める【腸をご機嫌にする方法】感染症対策のポイント

野菜 健康・美容

感染症に不安になっているなかですが
こんなときだからこそ、
あらためて健康とは何か?を考え、
日々の生活を見直すよいきっかけになっています。

「免疫力をいかに高めるか」が一番のカギ!!!

見直すひとつとして、免疫力の要ともいえる
【腸】についてをまとめてみました。

わたしたちは脳で考えていない。腸の具合に支配されている

ヒトが生まれるとき、お母さんのおなかの中で
最初に作られる細胞は 腸 です。

腸でホルモンは作られ、脳に送られます。
脳で判断したり認識した指令を体の様々な部位へ伝えられます。

脳で考えている、と思ったことでも、
実はそれは腸の仕業であったりするのです。

幸せホルモンといわれるセロトニンも腸で作られるし、
デブ菌も腸で作られています。

鬱になるのも、おデブになるのも、腸が支配している、ということです。

腸をいかに良い具合にしておくか、で
人生が変わっちゃうことにつながりますね。

腸をご機嫌にする食事

ではどうすればいいか?ですぐに思い当たるのが
日々の食事です。

何がいい、悪い、ていう話は
さまざまありますが、今一度ここにまとめておきます。

免疫力を高める食事

  • 食物繊維を多くとる
  • ファイトケミカルを多く含んだ野菜
  • 発酵食品
  • 良質なタンパク質をとる
  • 油に気を付ける

ポイント1 LPSが多く含まれる食品

LPSとは、豊かな土壌に含まれる菌に由来する免疫ビタミンです。
様々な微生物が共生する土壌で育った穀物や野菜、豆類、さらには海藻などが含まれます。

こんな食材がおすすめ
  • めかぶ
  • わかめ
  • 明日葉
  • レンコン
  • キャベツ
  • ほうれん草
  • 玄米
  • きのこ全般

ポイント2 活性酸素をなるべく避ける

活性酸素は、わたしたちは酸素を作って活動していますが、
偏った食事やストレスで通常よりもそれが過剰に産生されて細胞が酸化してしまいます。
いわゆる体が錆びてしまうことです。

避けたいことはこれ
  • 電子レンジ
  • 放射能
  • 水道水
  • 添加物
  • 糖質が多い食品

なるべく、電子レンジを使わずにガスで調理したり、
生産者の顔がみえる食材を選んだり
(放射能の汚染されていない地域の食材を選ぶ)
浄水器をつけたり、といったことですね。

ポイント3 調理油を選ぶ

油をつかうとき、しっかり選んでいますか?
良質な油はけっこうお値段がするんですが、
しっかりと選ばないと悪い油をどんどんいれてしまうことになってしまいます。

油で選ぶ基準としては、以下のポイントを知っておくだけでも違います。

  • オメガの種類がある(オメガ3・6・9 / バランスが重要)
  • ペットボトル入りではなく、ビン(なるべく遮光瓶)のものを選ぶ
  • 酸化するため、大容量ではなく早めに使い切れる容量のものにする
  • 加熱調理に向くもの、向かないものを使い分ける

もっといえば、油は食材を加工(圧搾)しているため、
天然の状態ではない、とも言えます。
食材のままでできるだけ摂るほうが結局は一番安全。

例えば脂肪分が多く含まれる

  • 肉類
  • 魚類
  • ナッツ類
  • アボカド

なんかを摂る、ということです。

免疫力を高めて元気に生きましょー!!!
野菜

コメント

タイトルとURLをコピーしました